やわらかな味わい

暖かな鹿児島県入来町の自然の中で育った金柑は、苦みがなくのびやかで瑞々しいやわらかな味わい。華やかなビターチョコレートとの、食感と味わいのマリアージュは得も言われぬハーモニーをもたらします。





 

 

 

 

2024 New Collection
“SYMPHONY”
音楽は言葉を超えて、人々の心に直接語りかける。それはチョコレートも同じ。その甘美な味わいは美しい交響曲のように、あなたの心に響き渡るのです。
 
 
 
 
 
KINKAN / ホルン
生チョコのアートがそれぞれの楽器の音色を奏で、
一つのオーケストラになる。


2024年コレクション“SYMPHONY”で、アロマ生チョコレートのアートを描いていただいたのは、書家・中塚翠涛氏。さまざまな楽器の音色が重なり合い交響曲となるように、パッケージのアートひとつひとつが楽器をイメージしています。ぜひ、お好きなチョコレートを組み合わせて、あなただけのオーケストラを奏でてください。

 

 

 

 

 

 

メゾンカカオのシグネチャー
アロマ生チョコレート日本人の舌に合わせた、限りなく水分量の多いチョコレートをつくる。メゾンカカオ創業者、石原紳伍の常識を破る発想からアロマ生チョコレートは誕生しました。


原料のカカオはコロンビアの自社管理農園で収穫後、新鮮なまま加工する。フルーツやナッツなどの素材は全国の生産者様を訪ね、厳選する。

しかし、アロマ生チョコレートの驚きはそれだけでは生まれません。繊細な職人技と、高い水分量を乳化させるサイエンスが融合することで、驚くほどなめらかな口あたりと香りが生まれるのです。


そして、シンプルかつミニマムなキューブの形状。そこには最小で最大を表現する禅の美意識が流れています。

 

 

 

 

 

贈り物には手提げ袋を
メゾンカカオでは一年に一度コレクションを開催し、アートワークとともにその年のテーマを発表しています。手提げ袋もコレクションテーマに合わせ、今年だけのアートワークをまとったデザインに刷新しています。
 
手提げ袋をご希望の方は、各製品ページより、ご注文時に「お渡し用袋」で”要”を選択し、カートへご追加ください。1製品につき1枚お付けします。